無人契約機でのキャッシングに戸惑う方は多いのではないかと思います。行ってすぐ借り入れが出来るものなのか、はたまた審査はどのようなステップを踏むのかなどなど……何より店舗へ入るのにも若干躊躇いもありますよね。でも抑えるべきところをきっちりと踏まえることが出来れば、実店舗やインターネットを使うよりも無人契約機は圧倒的に利点が多いのです。

確かにインターネットを通しての融資は、煩雑な手続きも要りませんし、何よりスマートフォンやPCさえあれば自宅だけで完結出来ます。しかし、カードが後日自宅に郵送されたり、金融会社(気づかれないような社名ですが)の名義が口座の入出金履歴に記載されたりするなど、独身で一人暮らしでも無い限り、周りの誰からもバレないよう隠し通すことは難しいです。そのうえ口頭による質疑応答が無いので、会社への在籍確認はもとより、最終的には本人へ電話が掛かってくるケースがほとんどで、結局のところ他の審査方法同様に時間拘束されることには変わりありません。

それならばインターネットよりも、一回の審査でカード発行から出金まで一連の流れを済ませてしまえる、無人契約機によるキャッシングの方をお薦めします。もちろん無人契約機にも、必ずしも家の近くにあるわけではない、ひと目を気にして契約機設置ブースに入らなければいけない、1時間前後の審査時間中はずっとブースに待機していなければいけない、などデメリットも存在します。しかし、審査スタッフと顔を合わせることはないことに加え、周囲にバレる確率はインターネットに比べ圧倒的に少ないことや、審査後即現金を入手できることなど、無人契約機ならではのメリットがあるのも事実です。

以下では審査の流れを追うことで、メリットや特徴を具体的に説明していきます。

無人契約機でキャッシング方法

それぞれの金融会社によっていくらか手順は異なりますが、大まかな流れは同じです。まず無人契約機の設置してあるブースに入ると、出金用のATMと、審査手続き用の機械がありますので、キャッシングを始めて利用する方は後者を選びます。簡単な自己紹介をタッチパネルで自動入力したあと、審査用紙に必要事項を記入します。機械に読み込ませるのは、運転免許書と審査用紙の二つです。読み込ませた時点で会社に在籍確認が行われ、オペレータとの簡単な質疑応答のあと、必要書類を提出し審査に入ります。審査の可否がオペレータから知らされ、可能であれば無事カードが発行されることとなります。入手したカードは、隣に設置してあるATMで早速利用することが可能です。

ここで注意しておきたいのは、他社からの借入額や自身の年収などを事前にしっかりと把握しておくことが大切です。よくありがちなトラブルで、大げさや少なめに入力してしまった結果、審査で融資を拒否されてしまうというパターンがあります。金融会社は我々の借入額や年収などを自前でリサーチしてしまうことは造作もありません。事実、審査の段階でもしっかりチェックしています。もちろん、住所の偽りや、身分証明書の偽造などもってのほかです。ここでは、あなたが債務負担能力を物理的に有しているかどうかだけではなく、信用に足る人物かどうかも見ている、ということに注意してください。

また、金融会社からのキャッシング以外にも、クレジットカードで直近2年以内に遅延を起こしている場合も拒否される可能性があります。とはいえ、基準は公にされていないので定かではありませんが、支払い遅延が3ヶ月以内、遅延回数が1回程度なら大丈夫なようです。

>>今すぐお金を借りる

必要書類

運転免許書や健康保険証、パスポートといった身分証明書と、2ヶ月分の収入証明書はほぼ必要だと思ってもらって構わないです。少なくともスムーズに審査を通過したいのであれば、用意しておくに越したことはありません。

ただし、収入証明書はその日用意出来なくとも問題はないようです。後日郵送やFAXなどを通してカスタマーセンサーに送ることを選択することが出来ます。また事後的な対応以外にも、審査の前にカスタマーサービスにこちらから電話をかけることで、事前対応もしてくれます。

収入証明書を持参していない場合にも審査が即日通るかどうかは金融会社によりますが、後日送るケースでも問題ないと判断されれば、当日の融資が可能となります。受け答えや財務負担能力に問題がなければ、大抵は大丈夫なようです。

返済方法

返済方法は通常のローンを組む場合と変わりません。金額にもよりますが、大手はどこも1回から60回までの分割が出来、元利均等返済方式、元金均等返済方式の二択で差別化を図っているのが一般的です。これらの方式は利用頻度や額によってメリット、デメリットがそれぞれ存在しますが、借入金額が大きい場合は元利均等返済方式で支払金額を固定し経済的負担を少なく、借入金額がそれほどでもなく尚且つ早期に返せる目処が付いている場合は、利息を少しでも抑えるために元金均等返済方式を選ぶ、と覚えておけば良いでしょう。

しかし逆に言えば、元金均等返済方式下で借入を繰り返し、元金をどんどん増やしていくと、利息も元金合計に上乗せされていくので、返済が元利均等返済方式に比べてキツくなってしまいます。支払い遅延を起こすと、信用履歴に傷がつくだけでなく、次回以降の借入が不可能になってしまう可能性もあるので、支払いを完全に終えるまで何度も利用するつもりがあるならば、方式の違いには特にしっかりと注意しましょう。

無人契約機で注意しておきたいこと

自動契約機は、あくまでも顔を合わせずに済む、というだけで、あなたの姿や行動はしっかりとカメラでチェックされています。カメラはブースの隅にあるだけでなく、タッチパネルの中に埋め込まれており、オペレータが正面からあなたを見ています。家族の名前で契約をしようとしたり、挙動不審な行動を取ったりすることは、くれぐれも避けるようにしましょう。 また、審査中はプライバシー保護の観点から鍵がかかるため、外から誰かが入ってくることはありません。もちろん、こちらが途中退出することは出来ますが、審査は一からやり直しとなります。審査には1時間前後かかるということを踏まえ、トイレや用事などは審査が中断されることのないよう、ぜひ事前に済ませておきたいところです。